秋保 展覧会開幕~♪

秋の展覧会が開幕!14434947_954382221355665_187751510434594173_o
14324566_954382254688995_2689116494918570715_o
ウチからは、桜矢 号を出陳(^^)
頭数少ないかなと思いきや、何故かクラス一番の激戦区(^^;
こりゃ真剣にいかねば~っと14444745_954582241335663_6031466172863836373_oとりあえず一審は無難にこなし、
二審では、ちょっとビックリなハプニングもありましたが(苦笑)
14425509_954698484657372_7895614446488944364_o若犬一席をいただきました♪♪♪
4月の秋保 函館支部展から始まり、本部展、その後JKCのショーにと半年間ずっと出ずっぱりだったので、状態はイマイチと言うか最悪に近かったけど、最後に結果を残せたので( ̄▽ ̄)
お疲れ様でした~(^^)

さて今週末は、当犬舎が所属する北海道道央支部展がつどーむイベント広場(札幌市東区栄町885番地)で開催されます(^^)
ウチからは、天洸 号を幼稚犬で出陳☆
天は、JKCでも結果を残してるので秋保でも期待してるんですが、月齢が審査対象に達してないので、幼稚犬でお披露目です(^0^)/
デカくておっさんみたいだけど、まだまだ仔犬なんです(苦笑)13730894_908206702639884_391372313864645108_o《4ケ月齢時》
最近になって徐々に顔も見やすく、若々しくなってきてますが(笑)img_0744《5ヶ月齢時》


そうそう、今回展覧会を開催する札幌市では、秋田犬が特定犬に指定されちゃったみたいですね∑( ̄ロ ̄|||)
当然、人間といっしょで性格も個体によりけりですが、秋田犬はそんなに危険な犬じゃないってことを見てもらえたらと思うので、少しでも多くの人に見に来ていただければ(* ̄∇ ̄*)
ご要望があれば、仔犬連れて行きます♪DSC02394


あとあと、ホームページに交配情報を追加しました☆

ドッグショー

北海道JKCのショー、先週で今シーズン終了でした。
今年はいろいろありましたが、最後に天洸 号 伊達天英荘がimg_0744BABY KING!!!(*^-゚)v
終わり良ければねっ♪
来シーズンがこれから楽しみです( ̄▽ ̄)img_0709

さてさて、JKCが終わったと思ったら、今週末9/25からは、秋保展覧会の秋シーズンが開幕~
9/25…第71回北海道中央支部展
   苫小牧市末広町3丁目1苫小牧市民文化公園(多目的広場)

10/2…第5回北海道道央支部展
   札幌市東区栄町885番地札幌市スポーツ交流施設つどーむイベント広場

ウチは両展覧会に出陳します。
中央支部展には、レグ&レジーナのグレートデーンコンビも連れて行く予定です(^^)
道央支部展は、去年までと開催場所が変更になっていますので、見学に来られる方はお間違いの無いよう注意して下さいね。

見学、応援、お待ちしています♪

リキ元気で!

既にご存じの方もいますが、9/4早朝 ポメのリキが虹の橋を渡りました。
大手術も乗り越え、色んな病気と闘いながら、、、静かに旅立ちました、、、
リキと出会ったから今の犬達に囲まれた生活があり、ウチにとっては凄く大きな存在でした。
ブリーダーなんだから、1頭1頭の別れを悲しんでもと思う方もいるかもしれませんが、やっぱりウチにいる子、ウチから巣立った子との別れは悲しいものです、、、

リキのことを書くといくらでも書けて、終わりがなさそうなので、、、
1つだけ書こうと思います。

2013年8月にリキが胆嚢粘液嚢腫を発症したことは、以前このブログにも書きました。
リキ、胆嚢粘液嚢腫
このブログを書いて以降、検索ワードからの訪問で一番多かったのが『胆嚢粘液嚢腫』でした。
今でもほぼ毎日、『胆嚢粘液嚢腫』からの訪問があります。
それだけ胆嚢粘液嚢腫になる子が多いんだなと思い、いつかは胆嚢粘液嚢腫のことについてブログに書こう書こうと思っていたんですが、今回やっと書くことが出来ます。

以前にも書きましたが、腹膜炎さえ回避出来れば、術後も以前と変わらない生活が送れると思います。
今回、リキが虹の橋を渡ってしまったのは別の原因です。
なぜ腹膜炎さえ回避出来ればと言うと、実はリキの後にもう1頭胆嚢粘液嚢腫で手術をしました。
その子も術後に腹膜炎を発症せず、今も元気に生活をしています。
その他にも胆嚢粘液嚢腫を発症した子を知っていますが、生存率は分かっている限りは100%です(生存率100%を保証出来るわけではありませんが、、、)。
ただ1つ、2頭目の子の時に凄く重要だと思わされた事がありました。
それは、獣医です。
この時、発症したのが日曜の夕方だったこともあって、ウチの主治医が学会に出ていて、捕まるには捕まったんですが、その日に戻ってくることが出来ないと言うことで、まずは開いてる病院を捜して応急処置をしてもらってとのことになりました。
幸い空いてる病院が1軒あり、症状を話し胆嚢粘液嚢腫の疑いが強いことを説明したんですが、素人が何判断してるのよ!みたいな感じで、、、
ろくな診察もせず夏バテと判断され、この獣医はダメだって言う勉強代を1万円払って帰って来ました。
翌日朝一で主治医に診せたら、胆嚢粘液嚢腫。すぐ手術をし、今に至ります。
こういうレベルが低く患者のことを何も考えていない獣医って意外に多いと思います。
タイムリーにこんなニュースが
カリスマ獣医の病院は・・・
なのでウチは高速を使ってでも今の主治医のところに行っています。
休みだろが学会だろうが何だろうが、連絡をくれるし凄く助かっています。
他にもショー仲間の獣医さんがアドバイスをくれたり、ウチは環境に恵まれているなと思います。
少し話がそれましたが、今回のリキの件でやっと書こうと思っていたことが書けました。
このブログを見て、胆嚢粘液嚢腫で悩んでいる方の気持ちが少しでも和らげば


それでは、最後にリキの写真をたくさん♪
20100207031312

20100101044803

DCF00736.JPG

2007_05030083

2007_05030086

2007_07010168

2007_10060015

2007_12310045

2007_12310087

2008_09200006のコピー1

120603_165021

130112_213332

150402_125547

DSC01853のコピー1




次の日の9/5早朝、前日にリキが旅だった時間に合わせるかのように虹が!(・◇・)!虹(2016.09.05)リキ!元気で!m(-λ-)m